7592円 プラスチック MC801 切板(黒) 板厚 50mm 50mm×350mm DIY、工具 材料、部品 材料、資材 樹脂、プラスチック ナイロン MC801,切板(黒),板厚,7592円,プラスチック,DIY、工具 , 材料、部品 , 材料、資材 , 樹脂、プラスチック , ナイロン,/endoss1502587.html,sjmpb.org,50mm 50mm×350mm 【57%OFF!】 プラスチック MC801 切板 黒 50mm 板厚 50mm×350mm 7592円 プラスチック MC801 切板(黒) 板厚 50mm 50mm×350mm DIY、工具 材料、部品 材料、資材 樹脂、プラスチック ナイロン MC801,切板(黒),板厚,7592円,プラスチック,DIY、工具 , 材料、部品 , 材料、資材 , 樹脂、プラスチック , ナイロン,/endoss1502587.html,sjmpb.org,50mm 50mm×350mm 【57%OFF!】 プラスチック MC801 切板 黒 50mm 板厚 50mm×350mm

57%OFF プラスチック MC801 切板 黒 海外輸入 50mm 板厚 50mm×350mm

プラスチック MC801 切板(黒) 板厚 50mm 50mm×350mm

7592円

プラスチック MC801 切板(黒) 板厚 50mm 50mm×350mm

単位はミリです
プラスチック MC801 (黒) 切板 の切板販売です。
納期はご注文から7日間程度
ご注文後のキャンセルは一切できません。
大きいサイズや薄板は特に
板の輸送には輸送事故が起きる場合があります。
板に輸送時の弾痕・曲がり等が発生する場合がありますが
一切交換・返品・返金できません
ノークレームとなります
ご心配の方はご購入をしないようお願いいたします。
あらかじめご了承願います。

プラスチック MC801 切板(黒) 板厚 50mm 50mm×350mm

2022-01-08

マレーシア・イスラーム美術展 10

インドの細密画も素晴らしかったです~!

あんまり詳しくはないのですが、
最初にインドの細密画のナマを見たのが、やはりこの東博の東洋館でした。
それまで、本とかでは見たことはあっても、さほど心を動かされたことはなかったけど、
たまたまここの常設展で、ホンモノをはじめて見て、
ショックを受けました。とにかく繊細で美しい!
こんなスゴいものだったとは!
とはいえ、まだまだ不勉強なので、よくわからないのですが、
素晴らしいものが来ていました。
やっぱりホンモノの威力はスゴいです!


皇帝アウラングゼーブ騎馬像
インド デリー 17世紀初

ムガル帝国の第6代君主(在位:1658年 - 1707年)
第5代君主皇帝シャー・ジャハーン)とその妃ムムターズ・マハルの息子
あのタージ・マハールを建てた皇帝と葬られた妃の息子でした。
ムガル帝国全盛期の皇帝

<その崩御までに帝国の領土は最大となったが、
彼の崩御を契機に帝国は衰退・崩壊した。
1707年、ムガル皇帝アウラングゼーブの死後、
ムガル帝国では反乱が相次ぎ、
その広大な領土は徐々に解体されていったそうです。>

【送料無料】POP 手動ポップナットセッター(M6〜M10用) MN10A-L 1台【293-8901】【北海道・沖縄送料別途】
 ナワーブ・ガーズィーッ=ディーン・ハイダル
インド ラクナウ 19世紀

北インド、アワド藩王国の7代目太守(ナワーブ) (在位:1814年 - 1827年)
ラクナウは、インドウッタル・プラデーシュ州の州都。
18世紀、アワド藩王国の首都として栄えた。ニューデリーの南東約500kmにある。

アワド太守
<ムガル帝国の北インド、アワド地方
(現在のガンジス川中流域、現ウッタル・プラデーシュ州東部を指す)の地方長官、
つまり太守(ナワーブ)のこと。
1801年以降はアワド藩王国となる。首府はファイザーバード、ラクナウ。

「アワド」という名前の由来は、ラーマ神誕生の地「アヨーディヤー」に由来し、
古来より数々の王朝がこの肥沃な地を領有した。

アワドの君主は様々な文化を保護し、アワドでは独自のイスラーム文化が培われ、
働き口が無くなったムガル帝国の画家をよく雇用して、
アウラングゼーブの治世に衰退したムガル絵画の復興も行われたとのこと

アワドは衰退したムガル帝国の後を継ぎ、
「アワドのムガル時代」といわれるような素晴らしい文化が作り上げられ、
ムガル帝国の首都デリーを凌駕する繁栄だった。
(4代目アーサフ・ウッダウラ, 在位:1775年 - 1797年)の頃)

しかその先代(3代目)の頃からイギリスへの従属化がすすみ、
莫大なイギリス軍の駐留費がかさみ、その後イギリスに併合される>
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%89%E5%A4%AA%E5%AE%88#%E3%82%A2%E3%83%AF%E3%83%89%E3%81%AE%E8%97%A9%E7%8E%8B%E5%9B%BD%E5%8C%96



スポンサーサイト



2022-01-07

マレーシア・イスラーム美術館展 9


宝飾ナイフ トルコ 19世紀
鉄・銀・金像感・宝石・玳瑁(タイマイ)

これも素敵な細工で欲しいですね~。



鉄鋏
トルコ(オスマン朝) 20世紀

取っ手のアラビア語は神への感謝の言葉だそうです。
金糸象嵌が素晴らしいです
こういう細工物って、先のトルコ展でもあったけど、
楽しいですよね。
私も鶴を象った 細工のハサミを貰ったことがあります。


銀製クリス
マレー半島 19世紀

ちょっと珍しい武器
細工が素敵
東南アジアのマレー半島および島嶼部で広く使われた鉄剣
だそうで、東博のブログにも説明がありました。
クリス―神秘なるインドネシアの武器―
https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1804


クルアーン
マレー半島東海岸 18-19世紀

これも珍しいマレー半島の聖典
模様がまた独特ですね。


クルアーン
中国 清 17世紀

これはまた珍しい中国の聖典
中国風の模様が面白いです。

2022-01-06

マレーシア・イスラーム美術館展 8


宝飾ヘッドドレス
儀礼用イヤリング
モロッコ 1800年頃

モロッコの金細工は本当に素晴らしい!
でも「金・宝石・エナメル」だけという解説は勘弁してほしい(泣)
カタログにはエメラルド・真珠はあった。
赤い石はなんだろう?


宝飾ネックレス・アームバンド・イヤリング・ノーズリング
インド・ムガール朝/南インド 18-19世紀
(ダイヤモンド・ルビー・エメラルド~カタログ解説)

うわ~、贅沢なルビーの使い方、すごいですね~!


宝飾ネックレス
インド・ジャイプール 18-19世紀
金・真珠・宝石・エナメル
(ダイヤモンド・ガーネット・ガラス(緑)~カタログ解説)

このエナメルは素敵~!


宝飾ネックレス
北インド 19世紀
金・真珠・宝石
(ダイヤモンド・エメラルド~カタログ解説)
これも豪華だけど、真珠が入るだけで、品良くなると感じるのは日本人だから?

2022-01-05

マレーシア・イスラーム美術館展 7

あとで気がついたのですが、
実はダマスカス鋼らしき刀が3振ありました。

というのも、日本語表記はまったくなし
後でカタログを見ると、英語表記で
damascened sword と記されているではありませんか!


曲刀 damascened kilij sword
オスマントルコ 1800年頃

しかもこちらは柄が翡翠
刀身の象嵌も素晴らしく、鞘の細工も素晴らしい

タジマ すみつけシャープ〈2.0mm〉メタルヘッド
シャムシール刀
watered-steel shamshir sword with gold damascening
イラン・カージャール朝 1802-03年

これは宝石付き。
鉄・金・銀・宝石・木・革
カタログの解説によると、
刀身にスルタン・ファトフ・アリー・シャー・カージャールの銘が刻まれていて
象嵌された石はガーネット・アメジスト・アクアマリンとある



シャムシール刀
イラン・カージャール朝 18-19世紀
鉄・金・獣角
「アリ・アスガル・イスファハニー」銘

ザンド朝から初期カージャール朝期に名の知られた刀鍛冶だそうです。
刀身に象嵌された碑文によると、皇太子アッバース・ミールザーに献上されたものらしい。

こちらは何の表記も説明もないが、カタログによると
「ウーツ鋼(ダマスカス鋼)」と書かれていて、英語解説を見ると
「fine watered-steel 」とだけ記されている。

確かに向こう(シリア・トルコ・イラン)で武器を見ると(美術館)
ダマスカス鋼らしいのがうじゃうじゃありましたよ。
特に珍しくもなく、表記もいい加減だった気が…(泣)

もう一度見に行きたい~~~!

2022-01-04

マレーシア・イスラーム美術館展 6

翡翠もありました~。


宝飾短剣 ハンジャール
インド・ムガール朝 18世紀
鉄・金・ダイヤモンド・ベリル・コランダム
日本語表記ではなかったけど、英語表記にJade hiltと。

TR エレクター ユーティリティーカート シルバー入れ ブラック[1個]
馬頭短剣 ハンジャール
インド・ムガール朝 18世紀
鉄・銀・翡翠・宝石・ベルベット・金

この2点は翡翠だそうです。
見た目も翡翠かな~と思ったら、やっぱり。
特に馬頭のがとっても素敵です~!

翡翠はあと3点ありました。

手鏡
トルコ・オスマン朝 17-18世紀
翡翠・ガラス・金・宝石
(カタログにはルビー・エメラルド・ターコイズ・真珠と)

かなりゴテゴテしいデザインです。
似たものが一昨年のトルコ展にも来ていましたね。


翡翠ペン置き
トルコ・オスマン朝 19世紀
翡翠・銀

なかなか渋い翡翠です~
プロフィール

Author:アシーン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード